上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
23日、翌日の仕事の事を考えて、ちょっと高めの山は諦め

標高983m(標高差 733m)の神威岳に行ってきました。

面積の狭い山頂にて。

神威岳


登山道の殆どが木陰となっているのがとても魅力的なのですが

道は狭く、ロープを使って登る急斜面が3箇所。

画像では傾斜がわかり難いですが...
壁の様になってます。

神威岳 登山道


ロープを握って登る事が出来ないwan's。 さぁ~、どうする?の

心配をよそに、、、、ひょいひょい。

さすが四駆。登りも下りも問題なしでした^^

問題なのはかーちゃん。 今回も、後半になると出てくる

『もぅダメ~』『吐く~』『辛い。。。』 の言葉^^;

それでも、「てっぺん」 目指して足は進むのだけど。。。

山頂からの展望にガッカリ。。。

ステキなご褒美いただけませんでした(TT)

札幌の街を見たってなぁ~。。。です。

神威岳からの展望


登り切った達成感はあったのだけど。。。ちょっと残念。

ただ、、、山岳マラソン?なる人を見れたのは、ちょっと驚き。

あまりにも速くて、すぐ見えなくなっちゃいましたけどね^^;


今回もプチハプニング(内緒です・笑)がありましたが

山歩き、やっぱ好きです^^v
wanとあるこっ♪ Home
スポンサーサイト
去年、お出かけ途中で見た 標高1225.3mの積丹岳(北海道)。

『いつかあの山に登ってみたいなー』と思っていたのが

現実になった昨日。

積丹岳


....去年5月の画像より雪は少なくなっていましたが・・・

積雪のある山を 『ナメタラあかん!』 でした(汗)

雪のない登山道を登り始めて間もなく積雪地帯に!

そこはまるで広場の様。登山道がどこなのかわかりません(大汗)

積丹岳


勘を頼りに?歩いて行くと、雪の中からちょこっと顔を出してる

四合目の標識。 “ホッ”としたのもつかの間。

またまた登山道が消えちゃいました。。。

積雪で木々が埋もれ、どこもかしこも広場のよう。

とにかく、木々の間からたまに覗かせる山頂目指して歩く歩く。

この時、私の頭の中は 『遭難者名簿に載ってしまう?』 でした。

五・六・七合目の標識と出会う事ないまま歩き続けたら

八合目の標識みっけ♪

姿を現す登山道

積丹岳

登り続けた先には、一面 雪に覆われた台地が!
(ここは、多分 ピリカ台)

羊蹄山・雲海を眺めながら・・・

積丹岳(ピリカ台?)


雪の上でクールダウンして、目指すは頂上。 がっ!!!!!

またもや登山道を見失い。。。。。

雪に覆われた傾斜40度(実際はわからないけど^^;)

急斜面を滑り落ちない様に横歩きで登り何とか頂上への登山道を

見つけることができました。

そこから山頂までは登山道が消えることもなく、ついに

『てっぺん』に!

積丹岳山頂

積丹岳の標識を挟んで左側手前には雪山
そして、雲海。
遠くにはニセコ連峰が見えます。

山頂から

右側には、海

積丹岳山頂から

積丹半島の山だから、左右で季節の違う
こんな景色が一望できるんでしょうね♪♪♪


途中何度も登山道を見失い、目安登山時間 3時間20分を大幅に超え

4時間40分掛かった登り。

遭難することなく山頂からの素晴らしい景色を見る事も出来、

何度か迷いながらも2時間30分で無事に下山も出来、

結果、多くの人に迷惑をかけることなく終われましたが。。。

残雪の山 『なめたらあかん』 ですね。

下山後、冷たい湧水で洗顔

湧水

気持ち良かった~♪


楽しそうにお供してくれた赤毛兄妹、お疲れさまでした^^
そして、ありがとね♪ 
wanとあるこっ♪ Home
イグシェリ地方から車で二時間ちょっと。

小樽市内にある 標高629mの塩谷丸山(しおやまるやま)に

犬連れトレッキングに行ってきましたよー^^

展望もきかないジグザグの急斜面は
木陰も多く良い感じ♪

塩谷丸山

草原状の台地を過ぎたところにはまだ雪が。

塩谷丸山

そして、そこからちょっと登ると
海岸線が見える山頂です

塩谷丸山山頂

南北に長い頂上。南側からは・・・・

塩谷丸山山頂

積丹半島の山と海岸線が見えます^^

塩谷丸山山頂


この塩谷丸山は家族登山に最適~★と言われている初級の山。

なのに・・・・

小学生になったか、なる前の女の子には抜かれるは、

あきらかに私よりお姉さん達の元気な姿に、

瞬発力はあっても持久力はなく、無駄にガタイが大きい(横にね^^;)

私は、、、、どう考えても山歩きが不向きよねー。。。と

思い知らされます--; がっ!!!!! 好きなのよねー♪登山が^^v

でも、旦那さまのように景観や植物、鳥のさえずりなどを聞きながら

楽しく登りたいタイプではなく、ただただ山頂を目指して

達成感を味わいたいタイプなのである^^;

因みに....黙々と登るイー兄はかーちゃんタイプ^^

サラダバーをしながら登りたいシェリさんはとーさんタイプかな^^

さて、次はどの山の登ろっかなぁー。。。
wanとあるこっ♪ Home
札幌岳に! 2012-07-24
16日、向かった先は 標高1293m(標高差 約 : 860m)の『札幌岳』

頂上付近までは木々に囲まれていて、周りの景色を楽しむことは

あまり出来ないけれど、冷水沢を何度か渡る楽しみはありました。

冷水沢

ホントは一緒に沢でクールダウンしたかった
母ちゃんです^^;


やっとの思いで登りきった母ちゃん。

すかさず腰をおろして、頂上から見える山々と

よく車で走る中山峠をこんな形で見ることが出来て

やっぱトレッキングは楽しぃー♪と思ったのであった^^v

暫く立ちあがる元気はどこにもなかったですけどね^^;

いつかは登ってみたいと思っている
羊蹄山を眺める母ちゃんと、カメラ目線のシェリさん^^;

札幌岳山頂から


『あのぉー、ボクの写真がないんですけどぉー(泣)忘れてません?』 by-Eagle
ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
充実の土曜日 の翌日は・・・。


前日過ごした一日が楽しかった父ちゃん。

日曜日、珍しく早起きして 

『イーグル、今日はどこの山登る?』 って聞くんだよ!

いつも一番最後まで寝てる父ちゃんがだよ!ボク、ビックリ!

だもん、お天気だって怪しくなるさね。

そんな怪しい天気の中、連れて行かれたのはニセコアンヌプリ。

って言っても・・・去年、母さんが500mも登ったところで断念した

ゴンドラ山頂駅からのコースではなく、五色温泉登山口からだよー!

前回の樽前山 よりちょっと登山ぽかったニセコアンヌプリ。

登山には不向きな不健康な母ちゃんも、何とか頑張って登ったんだよ。

まだまだ体力アリアリな父ちゃんと
ニセコアンヌプリ山頂で

ニセコアンヌプリ山頂

さぁ~、山頂からの眺めは!!!!というと・・・

ニセコアンヌプリ山頂

あははっ なーんにも見えませーーーーん


景色が見えない山頂でお弁当食べてすぐ下山。。。

『スッキリしないなぁー!未消化で終わったって感じだな!』 の

父ちゃんに対し母ちゃんは、、、、

『景色が見えなくても山登りしたー!って感じで満足よ♪』 だって!

『付き合ってあげた甲斐があったな♪』って思うボクの日曜日でした。
ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。