上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
母の顔の腫れもひいてなく外出は極力控えたいという思いがある中
行ってきました 末っ子シェリー(アイリッシュセター)のアジ練に^^
(フラット/バーディ姉が付き添いで・・・ナゼ?それは後半で^^;)

2回目となる昨日は・・・
「障害物をクリアーしたんだからボールを下さいな」 と、思っているシェリーと
「指示を聞いて障害物をクリアーしたからボールをあげるね」 の母の思いに
温度差があるので 『コマンドを聞く』 と言うことに重点を置いた練習です。

シェリー

温度差をなくすのってなかなか難しいかも~!です(涙)

次は・・・シェリーの練習が終わるまで車中でず~っと待機していた
ただの付き添いだったハズのバーディさんの出番です^^;ナ~ゼ~???

バーディ

実は前回のアジ練の時に、別な訓練をしていた犬の溢れんばかりの笑顔に
感動したからなのです。

飼い主との間にちょっとした距離を保っていたその犬が訓練を始めたのは7歳。
それから1年経たないうちにあの溢れんばかりの笑顔で飼い主を
見つめるようになったそうです。  
その表情を間近で見た私は、軽く衝撃を受けました。ナゼならそれは・・・

今までは、最初に教えられた事が 「しつけとは~。服従とは~。」 から始まり、
「それはダメ!これはダメ!」 と否定的なことばかりで、犬も私も楽しむどころか
強制的に人と犬との間に一線を引く関係を築かされていた思いがあり
「別に犬の行動に困ってないし、とりあえず言う事も聞いてくれるし・・・」
「長くても10数年しか一緒に居られないのら少しでもお互いが笑顔で暮らせる
関係づくりが一番!」と思って訓練から遠ざかっていたからです。がっ!!!!

訓練方法をを変えるだけで、その二人(飼い主と犬)のようになれるのなら
それもアリかな^^って思うようになり、 仕事を好んでするバーディのその性格をいかし
今まで以上に笑顔で過ごす時間を増やすための訓練を始めることにしました。
訓練が強制にならないように、心に余裕を持って。。。^^

ANGEL-DOG'S Home
スポンサーサイト
  Top▲
今年に入ってから2度ほど 体験アジ に参加していたのですが・・・
今月から、末っ子シェリーとレッスンを受けることにしましたよ^^

フィールド

・・・と、いっても競技会に出るためにではなく
我が家のwan'sの中では (←ココ重要) 呑み込みの早いシェリーの、
呑みこみが早いがゆえにこちらの指示を聞かずして行動するので(パターンで覚えてる?)
『指示が出たら⇒行動』 を ちゃんと理解させるために始めてみました。

『そんなこと言っててもそのうち競技会に出たくなるよ!』 って周りは言いますが・・・
それまで母の体力が残っているかが問題です^^;

....この段階では 『跳び越えたらボールがもらえる』 と思ってるシェリーの
コマンド無視のジャンプです ボールしか見ていません
アジ練
そこで次はアイコンタクトが出来たときにコマンドを出し、指示に従ったら
ご褒美のボールをあげる練習です。がっ・・・
母、同時に二つの事がなかなか出来ず、頭の中を整理してる最中です^^;

アジ練

・・・と、今回のレッスンはこんな感じで終了しましたが
後半は指示に従いながらの行動をする確立の方がちょっとだけ多くなったシェリーです^^
次回のレッスンまでにはその確立を%に近づける訓練しなくちゃね。
その前に母の頭の中でちゃんと整理できるような練習しなくちゃです^^;

遊び感覚のシェリーさんは、終始ニコニコ顔でした

シェリー

レッスンが終わったあとは、サリー家に遊びに行ってきましたよ
....サリーテラスで用を足すシェリーを迎える準備するサリーちゃん』

サリー

この後の2wanの様子は コチラ三角関係ですよ!(サリーブログ) を覗いてみて下さい^^
サリーの気持ちが楽しくupされてます♪

ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
今年もまたフィラリア検査の時に健康診断も兼ねた血液検査(1頭5,000円)を
してきました。
その結果を先日貰いに行ってきたのですが・・・・・
血液検査結果
現在7歳のバーディさん(フラットコーテッド・レトリバー)のALP・ALT(GPT)の数値が
ウチでお世話になってる動物病院の設定している数値より多く再検査に!
(許容範囲数値?:ALP/220 ALT(GPT)/120)
再検査法は 2007年に受けたシェリーの再検査 と同じ、
ALP/AST(GOT)/ALT(GPT)の3項目のみの血液検査(2,000円)です。

今回のこのバーディさんの数値上昇は急を要するものではないとのことなので
7月分のフィラリア予防薬を貰いに行ったときに受けてきます。
数値が下がってることを願いながら・・・。
(※ 数値上昇でみられる症状について 犬の血液検査...08’ でちょっとだけ触れてます)

= 今回の医療費 =
3wanの医療費

神経たかりでアレルギー持ち、何かあったらすぐ下血するイーグル(只今5歳)なのですが
6回目となる今年の検査結果も 『異常なし』 でした^^
そして、末っ子シェリー(只今4歳)も 『問題なし』 です。
年齢も年齢・・・7歳のバーディさんが心配です。

ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。