上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
『待ってよ~』 って声が聞こえてきそうな1枚です^^

2アイリッシュ&1ボステリ


ANGEL-DOG'S Home
スポンサーサイト
  Top▲
激しく動いても肌蹴ないように作った 1作目
着せるのにちょっと手間がかかるので、2作目 に作った
簡単に脱着出来る犬用バスローブを新たに作ることにしたので
今回は作り方をupします。

スヌーピーの大判バスタオルです。
犬用バスローブ

....以前リメイク犬服から作った 型紙 を使用してます。
犬用バスローブ
犬用バスローブ

....裁断したら後は順番通りに縫ったら完成です♪
犬用バスローブ
犬用バスローブ
....※1、※2を縫ったらカットする。カットした部分はジグザグ縫いをする。
犬用バスローブ

....装着モデルをお友達のわんちゃん体型に近いイーグルにしてもらいました。
犬用バスローブ
後身頃を胸側で留め、前身ごろを後ろで結ぶので激しい動きをしても
肌蹴る心配はありません^^

ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
以前、あるドッグトレーナーから

『愛犬との引っ張りっこは我の強い犬になるから好ましくない』

という話を聞かされていたので、末っ子シェリーには引っ張りっこを一切
教えておらず、人の手から勝手にオモチャを取るなんてこともなく
それはそれで良かったのだけど・・・。

ここにきて、引っ張りっこは大切なコミュニケーションのひとつとして
(飼い主の手元で遊ばせる為に)必要な事だと教わり、
今になってシェリーに教えてるのだけど、なかなかねぇ~。。。

先ずは母の手に持ってるボールを銜えることから教えるのにしても
「取っちゃいけないこと」 として学んだシェリーにはそう簡単にもいかず

シェリー

あの手この手で数ヶ月間かけてやっとここまで出来る様になりました^^

シェリー

ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
『やっぱ、凄いなぁ~。。。』

月曜日、いつもの様にイーグルの個人レッスンを受けていた時の事。

母もイーグルも少しずつ成長はしているのだけど、犬の姿を見ると
まだまだそっちに気が行ってしまうイーグル

彼の意識が全部そっち(犬)に向いていた最初の頃よりちょっとだけ
母の方にも意識して応えてくれたりもする今なのだけど
「隙あらば!」 のイーグルで・・・。

がっ、先生がリードを持つと他犬に向いていた彼の意識は先生に向き
今まで教わってきた事が出来るお利口犬に早変わり。
そして、強張っていた顔が穏やかな表情にと変わっていくイーグル。

先生が 「怖い人」 だという認識だけならば、あんな落ち着いた顔には
ならないと思う。 途中から笑顔になってたからね。“あの” イーグルが!

先生にはイーグルが言う事をききたくなる “何か” を持ってるんだな。
その “何か” を色々教えてもらったのだけど・・・。

イーグルは飼い主に対し “甘え” があり、飼い主である私には “甘さ” が
あるんだろうなぁ~。。。

イーグル

ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
土曜日、アジリティ練習会のBG1とBG2にシェリーと
参加してきました。

<結 果>

BG1...1走目:コースアウトで失格 リトライ:完全リード付きで完走
BG2...1走目、リトライ共にコースアウトで失格



練習会といってもレッスンの時とは違う雰囲気にドキドキの母と、
wanも人もいっぱいでテンションのシェリーさん。

『レッスン通りに!』 って先生は言うけれど、それは無理な話で。。。

シェリーの逃走を見た旦那は 『やっぱ自分で考えて行動するアイリッシュに
アジは向いてないんじゃないか!』 と言い出すし。。。

確かにレッスンの時とは違い、集中力にも欠けてるし
『跳んだからいいんでしょ!』 と、勝手に終わらせちゃうし。。。

ただ、、、
BG2の1走目は母が 「アレッ?ハードル、トンネルどっちだっけ?」 と
止まってしまったその一瞬で、集中力に欠けていたシェリーが
勝手に終わらせちゃったのと、リトライの時も
母がシェリーの動きも見ず、次のハードル位置の確認に気が行ってしまい
指示が遅れたことが原因だっと確信。

シェリーの意識が母に向いていれば、それでも何とかなったのかも
しれないけど・・・。
やっぱ普段から 『母と一緒に居ると楽しい♪』 って思って貰える様な
関係作りが大切ね。

服従という言葉はあまり好きではないのだけど、
基礎トレーニングが大切なんだってことが ホント の意味で解った事。

失格ばかりの練習会だったけど、それに気付けた事は大収穫ね

ANGEL-DOG'S Home
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。