上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
今年もまたフィラリア検査の時に健康診断も兼ねた血液検査(1頭5,000円)を
してきました。
その結果を先日貰いに行ってきたのですが・・・・・
血液検査結果
現在7歳のバーディさん(フラットコーテッド・レトリバー)のALP・ALT(GPT)の数値が
ウチでお世話になってる動物病院の設定している数値より多く再検査に!
(許容範囲数値?:ALP/220 ALT(GPT)/120)
再検査法は 2007年に受けたシェリーの再検査 と同じ、
ALP/AST(GOT)/ALT(GPT)の3項目のみの血液検査(2,000円)です。

今回のこのバーディさんの数値上昇は急を要するものではないとのことなので
7月分のフィラリア予防薬を貰いに行ったときに受けてきます。
数値が下がってることを願いながら・・・。
(※ 数値上昇でみられる症状について 犬の血液検査...08’ でちょっとだけ触れてます)

= 今回の医療費 =
3wanの医療費

神経たかりでアレルギー持ち、何かあったらすぐ下血するイーグル(只今5歳)なのですが
6回目となる今年の検査結果も 『異常なし』 でした^^
そして、末っ子シェリー(只今4歳)も 『問題なし』 です。
年齢も年齢・・・7歳のバーディさんが心配です。

ANGEL-DOG'S Home
関連記事
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。