上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
昨日、以前と同じように急に左前足がつけなくなったバーディ。

前回の診断結果と同じ、捻挫ではないかと思いながらも
血小板の減っている今、「何かあっては」となるのを恐れ診て貰いに。

前回、足の異常で行ったら別な病気が見つかったって事もありましたので。
(別な病気の詳細は 犬の医療に記載してます。)

それに、、、、
一日早いのですが、ついでに週一の検査も一緒にしてもらうつもりで。

下の画像(左)が、左前足のレントゲンを撮った際に
見つかった肺の怪しい影。

今回は、痛めてる足と一緒に肺の影の具合が見える角度での
レントゲン撮影。
(比較する為にレントゲン写真をナナメにしてます。)

レントゲン

あの怪しい影はすっかり消えていました。


でっ、左前足の異常ですが、触診・レントゲン撮影の結果、前回同様
組織球性肉腫とは関係のない捻挫との診断でした。
(痛み止めの注射と飲み薬3日分の処方。)

本来、週一の検査では腫瘍のある肝臓のエコーもするのですが、
抗がん剤治療をいつまで続けていけるのか不安なビンボー我が家に
「医療費を少しでも軽減できるように」 と院長の計らいで、今回はナシに^^;
(一週間前の肝臓エコーで腫瘍がほぼ消えていたのもあるかと)

血液検査の結果は、かなり減っていた血小板の数が少し増えてきてました。

肺の影も消え、白血球・血小板の数も増え、バーディの抗がん剤治療は
順調にいってるようです。

犬の医療費 : 注射/2,700円 投薬/4,180円・1,540円
血液検査/2,000円 レントゲン/3,000円 その他/1,196円
合計....14,616円

ANGEL-DOG'S Home
関連記事
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。