上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
我が家は繁殖予定も無いしワンsとのお泊りもよく行くし、メス特有の病気発症リスクを考え、最初から避妊手術をすると決めていたのだが・・・・。
末っ子シェリーは同胎犬の中で一番小さく成長も遅かったので、最初の発情前に避妊手術をする事によって成長が止まってしまうのではないかと思いかかりつけの獣医さんに相談。

乳腺腫瘍に関しては、初回発情前に避妊すると発症率はほぼ0%に“近い状態”であり、初回発情後の避妊については発症率が数%上昇、2回目の発情後になると更に数%上昇で、発情3回目以降の場合だと更にその発症率がドーンと上がり、避妊していない場合とあまり変わらない状態に近づくとの事。。。

ただ、初回発情を迎える事によって膀胱も成長するので(確かそう言われたような^^;)、長い目でみた場合、初回発情後から2回目の発情前に避妊手術をするのがベストかも・・・・。
(でも1回目の発情を迎えた事によって乳首が大きくなる場合もあります。因みに・・・シェリーは少し大きいです^^;)

って事で我が家の場合は1回目の発情を迎え、2回目の発情がくる前に避妊手術をしました。
その際、臍ヘルニアの手術も一緒にしました。
その時の様子については臍ヘルニア(犬のデベソ!?)にupしてます。

尚、上記に書いたことはあくまでも我が家の犬の避妊についての場合であって、内容等に間違いがあるかもしれませんので、かかりつけの獣医師に相談して下さい。
関連記事
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。