上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
2003,09,09生まれのイーグルがアレルギー検査を受けたのは生後8ヵ月の時。
生後6ヶ月を過ぎた頃から口の周りの毛がハゲてきたり、体にも小さなハゲが数箇所出てきていたので受診したところ、『もしかしたらアレルギーかもしれませんね。』との事。。。

100項目あるアレルギー検査
検査は血液採取だけなので犬自身に負担は掛からないが・・・・
検査費用は“諭吉”が2枚。。。飼い主にはちょっぴり大きな負担かな^^;
がっ・・・・
原因が特定出来ない状態での治療はかえって治療費が増したり、治療に時間が掛かかり犬自身にも大きな負担を与えるのではないかと。。。
また早期に原因を特定、取り除く事によって犬に辛い思いをさせなで済むかもしれない。
って事で・・・清水の舞台からジャ~ンプ!(←大袈裟かしら^^;)

結果・・・・
100項目のうち、アレルギー反応起す物質が1/3
そのうち特に反応起すのは鶏肉類。
また植物アレルギーもかなりあったが北海道に生息する植物の中では“オオバコ”1項目のみ。

食べ物に関しては鶏肉類の入ってないフードに替え、植物に関しては外出後のこまめなブラッシングで対処。
その後、痒がる事もハゲる事も無くなり今のところは落ち着いてます^^v
けれどアレルギー反応を起す物質が変わる事もあるとの事なので、もしまた痒がったりした場合はアレルギー検査で原因特定かな。
清水の舞台からの二度目のジャンプをする日が来ない事を願いつつ。。。(笑)

最後に・・・・
アレルゲン注射(?)でアレルギーを治す治療法もあるそうですが、イーグルの場合はそこまでは必要無いとの事でした。ホッ^^
関連記事
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。