上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
事の始まりは、今年度の狂犬病予防接種に行った時でした。

イーグルの成長し続けるイボを切除したら・・・。

これから書くことは、あくまでもイーグルの場合であると同時に

症状や術式等の説明に聞き違い(捉え間違い)があるかもしれませんので

そのことを踏まえたうえで参考にして頂きたいと思います。


★ イボ切除(2013,04,07)の話。

成長し続けるイボを塗るタイプの局所麻酔で切除。
<麻酔から切除・止血等々で、約20分>

....イボの成長(変形)の様子

成長し続けたイボ

....切除したイボ

切除したイボ


病理検査に出され、結果待ち。

 犬のイボ切除に掛かった費用(覚書) 

イボ切除(麻酔込)....5,000円

化膿止め注射....2,700円

病理検査費....13,000円

再診料+消費税....1,560円

合計....22,260円也。


★ イボの正体と術前検査(2013,04,11)の話。

病理検査の結果、イボの中に生まれたての悪性黒色腫(メラノーマ)が

見つかったため、切除した部位に残っているがん細胞(組織)を

取り除く手術を後日する事に。その前に・・・

肺や骨などに転移していないか?の事前検査。
<心電図・血液・X線検査>

....ここの周りの組織を切除するそうです。

部位

....X線(レントゲン)画像

犬のX線画像


この段階では、転移してる兆候がみられないため2日後に手術。

 手術前の事前検査にかかった費用(覚書) 

心電図....1,000円

血液検査....8,500円

X線(レントゲン)検査....3,000円×4枚=12,000円

再診量・消費税....1,100円

合計....23,100円也。


★ 悪性黒色腫(メラノーマ)切除手術(2013,04,13)の話。

術後の傷口が開きにくくする為に唇?(黒いラインのとこ)の

内側の皮?粘膜?を残し、周囲組織の摘出。 縫合糸は3種類を使用。

....術後の画像

術後部位

麻酔の覚めも良好で、入院する事なく帰ってこれました。


摘出した組織は病理検査に出され、全摘できているのか

残っているのかを検査。(只今、結果待ち)

もし残っていた場合は、追加切除(再手術)になるとのことです。

患部の腫れも2~3日で引いてくるとのこと。

一週間分の抗菌剤が処方され、抜糸は二週間後になるそうです。

犬生初のエリザベスカラーを装着することになり・・・

犬生初のエリカラ姿

エリカラもブルーだね(笑)


因みに....首が細長く手足が長いイーグルはエリカラが下がらない様に

首にタオルを巻いてます。

 犬の悪性黒色腫切除手術に掛かった費用(覚書) 

手術(麻酔込)....65,000円

血管カテーテル....2,000円

注射....5,400円

点滴....3,000円

投薬....4,180円

病理検査費....13,000円

再診料・消費税・エリカラ代....8,304円

合計....100,884円也。


9歳頃から発症する確率が高いと言われている悪性黒色腫(メラノーマ)

まさに9歳真っ只中のイーグルに発症しました。。。なんで!?
wanとあるこっ♪ Home
関連記事

コメント非表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。