上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  Top▲
21日~26日、、、この5日間に色々なことがあり(有り過ぎて)心身ともに疲れきっていましたが、ほんの少しの明るい兆しで、Eagleの体調と母の心が少しだけ元気になりました。

5日ぶりに自分の脚でしっかりと立ったEagleと
にぃに優先になっていて我慢の日々を送っていた
シェリさん。

イー兄とシェリ


食欲がなくなり食べることを拒否、水を飲んでは吐き、ウンチはタール状の下痢。

次第に、お水を飲むこともおしっこをすることもしなくなり、右目(下瞼)を閉じることも出来なくなり。。。

Birdie姐の最期と重なり。。。『もぅダメかな。。。』

仕事から帰ってきたときには・・・・。ドアを開けるのが怖かった水曜日。

お出迎えに来てくれたのはシェリのみ。部屋の中を見るのが怖かった。が、、、、動く影。

おぼつかない足取りで、お出迎えにきてくれたEagle。が、表情がない。尻尾だけは小さくフリフリ。

24日(木)、臨時休診中の大学病院に連絡。

リンパ腫が腎臓に入り込み悪さをしている可能性もありとのことで大学病院へ。実際、しこりも更に増えてきていたし。。。

血検結果で、下がっていた血小板数値も参考値内まで上昇してきていたので、最後の選択肢、一か八かのロムスチン(CCNU)投与。

尿素窒素・クレアチニン・無機リンの値も高かったので、とにかく水分を多くとり、おしっこをさせること。

・・・・とは言っても、自身で水を飲むこともおしっこすることも厳しいEagle。

ホームドクターで、3,4日は皮下点滴を受けるようにということで、大学病院を後に。

当日(24日)夕方、近くの病院でビタミン入りの皮下点滴をしてもらい、翌25日(金)は、ソルアセトF500mlに抗生剤・止血剤・吐き気止めを入れての皮下点滴。

21日からほとんど何も食べていないので病院食で強制給餌を予定してくれたのですが、Eagleのアレルギー結果表を見て断念。

翌日、普段食べているフード(缶詰)で強制給餌してくれるとのこと。

帰宅後ずーっと横になったまま。相変わらず食べることは拒否するが、自力で少しだけお水を飲みました。排尿も1回あり。

がっ、深夜、、、、心音は弱く、息を吸うときに小刻みに揺れる体。自力で立つこともできなくなりサポート。

ベスト体重28kg台の体重も22kg台に減り、すっかく軽くなったEagle。

『もぅダメかな。。。。』

不安のまま朝を迎えたころ、Eagleに変化。表情も出てきて、おぼつかなかった足取りも安定してきた。

お水も飲み、2回のおしっこ。病院に行く準備をしていたら、自分から起き上がり行く気満々。

元気、出てきました。

今日も前日と同じ内容の皮下点滴+強制給餌。吐くこともなかったので、明日はもう少しフードの量を増やしてみるとのこと。

帰宅後にした排便はタール状でしたが、今日は少しだけ起きてる(体は横になったままですが)時間がありました。


これから先、Eagleの治療がどうなっていくのか解らないし、不安に押し潰されそうな日をまた迎えることになると思うけれど・・・

一日も長く一緒にいてね。ねっ、イーたん。

wanとあるこっ♪ Home
関連記事
  Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。